虫歯の痛みに正露丸?飲むの?つめるの?気になる副作用は?

虫歯の痛みに正露丸?使い方は?

正露丸の主成分になってる日局木クレオソートが、虫歯の鎮痛、鎮静や根管の消毒に作用します。虫歯の痛みを感じたら内服するのではなく、虫歯が痛む箇所に適量を詰めてください。ただし一時的な痛み止めであって虫歯そのものを治療できるわけではありません。早めに歯医者さんに行きましょう。

30分ほどで痛みが消えた

実際に虫歯治療中で、歯の詰め物が取れてしまい痛みを感じて正露丸をつめていると、30分くらいで痛みが取れました。徐々に正露丸が唾液で溶けて行くので、ある程度時間が経過したら歯を磨きましょう。口内が正露丸の匂いで充満しますが、痛みが取れるなら我慢ですね。

歯周病には使わないこと

効果があるのは虫歯の痛みだけです。歯茎の腫れなど歯周病には正露丸を使わないようにしましょう。

関連記事

  1. むし歯と口臭の関係は?どんな匂いか自覚できている?

  2. リステリン

    リステリンでマウスウォッシュして運転したら、飲酒運転になるの?

  3. ブリリアントモアフレッシュスペアミント

    1円玉の汚れをカンタンに落とす方法

  4. 水-3

    朝起きた時、口臭が臭い人、口臭が臭くない人の違い

  5. 歯周病は口臭の2大原因の1つ!原因やケアアイテムの紹介

  6. 舌

    口臭予防の味方!唾液を簡単に増やす方法

  7. 歯科

    病院でも治療が可能、口臭の悩みは病院へ。口臭外来とは?

  8. 口臭予防に重要とされる唾液には、性質の異なる2種類があった!

  9. シャボン玉せっけんハミガキ

    フッ素が入っていない歯磨き粉オススメ10選

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

口臭百貨店とは

PAGE TOP