イソジンうがい薬の成分と口臭効果、気になる副作用は?

イソジンとは

海外の製薬会社ムンディファーマが、日本で1961年から発売を開始した、殺菌消毒成分ポビドンヨードを有効成分としたイソジン(ムンディファーマの登録商標)うがい薬です。現在はシオノギヘルスケアが日本国内で販売しています。

イソジンのカバのマークが消えた?

1985年当時、販売していた明治製薬がカバのキャラクターをテレビCMなどで登場させ、イソジンのキャラクターとして認知されはじめます。しかし2015年にムンディファーマと明治製薬とのライセンス契約が解消され、現在販売しているシオノギヘルスケアは違うキャラクターを使用し、明治はカバのキャラクターを引き続き使用したうがい薬を販売していくことになりました。一般的にはイソジンのキャラクターとしての認知が強かったため、ライセンス契約の関係で販売会社が変わった後も違和感を覚える方も多いのかもしれません。

イソジンの使い方

正しい濃度は15〜30倍に水で薄めて使用することを推奨していて、自分の好みで濃さを変えないようにしましょう。計量カップの2〜4のメモリが目安です。

イソジンの成分

価格 1,166円(税込)
内容量 120ml
成分 ポビドンヨード、エタノール、l-メントール、サッカリンナトリウム、香料
種類 第3類医薬品
原産国 日本

イソジンが口臭予防に使える?

イソジンの成分ポピドンヨードによる殺菌、消毒、洗浄が口臭の原因に効果があり、口臭予防の効果にもつかながります。喉の扁桃腺付近に、食べカスや菌の死骸などがたまり膿栓(臭い玉)になることもあり、これが口臭の原因にもなります。喉の奥までうがいをしてしっかり予防しましょう。

イソジンの副作用は?

アレルギー症状を起こしやすい方、口内のひどいただれ、甲状腺機能障害の方、本商品を使用して皮膚の発疹、発赤、かゆみ、口のあれ、しみる、灼熱感、刺激感のある方、吐き気、不快感がある方は医師、薬剤師にご相談ください。アナフラキシー症状(皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、のどのかゆみ、息苦しさ、動孔、意識の朦朧)が起きた場合はただちに医師の診断を受けてください。

関連記事

  1. ローリーブラッシュミントテイスト

    転がす歯ブラシ?ROLLY BRUSH(ローリーブラッシュ)の使い方と効果

  2. アルジタルオーラルハイジーンウォッシュ

    ARGITALオーラルハイジーンウォッシュの成分や効果、使用感レビュー

  3. イソップマウスウォッシュ

    Aesop(イソップ)専用ビーカー付きマウスウォッシュの使い方と効果

  4. 子供ハミガキ

    子供の口臭におすすめ!低刺激な子供用マウスウォッシュ5選

  5. オーラルピースマウススプレー

    オーラルピースマウススプレー&ウォッシュの効果は?使用感レビュー

  6. ソーソーロオーラルリンス

    SOSORO(ソーソーロ)の使い方や効果、口コミと使用感レビュー

  7. コンクールマウスリンス

    コンクール・マウスリンスの成分と効果、使用感レビュー

  8. デンティスナチュラルオーラルリンス

    DENTISTE’(デンティス)オーラルリンスの成分と効果、使用感レビュー

  9. GUMデンタルリンスナイトケア

    GUMデンタルリンスナイトケアの効果・口コミとレビュー

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

口臭百貨店とは

PAGE TOP