ドライマウスの原因と対処法、放置すると口臭が発生しやすくなる?

ドライマウスはどんな症状?

口の中が乾いて、痛みや味覚症状を伴うことがある「ドライマウス」は、日本国内で3000万人もいると推計されています。唾液の分泌量が減って乾燥している状態ですが、放置しておくと口臭の原因など様々な疾患にもつながる可能性がある症状です。

ドライマウスの主な原因

1・柔らかい食べ物中心の食生活

食べ物をよく噛むことで、あごや舌の筋肉を動かし唾液が出やすくなりますが、柔らかい食べ物を多く食べているとあごや舌の筋肉が衰え、唾液の分泌量が減ってしまい口の中が乾燥します。

2・ストレスや緊張が多い

リラックスしている状態は比較的唾液が出やすいのですが、精神的に追い込まれたり、緊張やストレス状態にあると唾液が出にくくになります。

3・アルコール摂取

お酒をよく飲む方は、利尿作用によってアルコールと尿、汗を一緒に排出します。その作用で体内で脱水状態になることも。また、アルコールを飲みすぎると唾液の分泌量が減ってドライマウスになりやすくなります。

4・加齢に伴う原因

加齢に伴って口の周りの筋肉が衰えて、唾液が出にくくなるほか、鼻呼吸ではなく口呼吸をして口が開きっぱなしになるため、ドライマウスになりやすいです。

5・薬の副作用によるもの

風邪薬や抗ヒスタミン剤、抗うつ剤など、薬の副作用によって口が乾くものがあります。

水-1

ドライマウスの対処方法

1・水分補給やマウススプレー

こまめな水分補給で口の中が潤うようにしましょう。保湿成分のあるマウススプレー、マウスリンスも効果的です。

コンクールマウスリンス

コンクールマウスリンス

2・ガムを噛む

ガムを噛むことで唾液腺が刺激され、唾液が出やすくなります。ガム以外では、アメを舐めるのも有効です。

キシリトールガム

キシリトールガム

3・唾液腺マッサージをする

唾液腺は口腔内に3ヵ所あります。Youtubeなどの動画サイトで、いくつか唾液腺マッサージの方法を紹介していますのでご参照ください。

4・病院で診察する

長期間ドライマウスが続く場合は、糖尿病や脳卒中などの疾患がある可能性があります。口腔外科があるクリニックで相談しましょう。

関連記事

  1. 下痢気味のときの口臭がきつい?腸内環境を整える食事は?

  2. りんご

    りんごで気軽に口臭対策?りんごの驚くべき効果とは?

  3. タニタブレスチェッカー

    薬局で買える?口臭チェッカーで口臭を調べよう!おすすめの商品と信頼性は?

  4. コンクールジェルコートF

    ジェル系歯磨き剤、洗口委員会オススメランキング

  5. なた豆茶

    なた豆茶で口臭、鼻炎・蓄膿症に効能効果あり?気になる副作用は?

  6. 歯周病は口臭の2大原因の1つ!原因やケアアイテムの紹介

  7. 子供ハミガキ

    子供の口が臭い!1歳半から2歳、3歳までの口臭の原因と対策

  8. ミンティア

    ミンティア、フリスク、ガムの食べ過ぎ注意!ソルビトールが原因で下痢気味に?

  9. 日本は虫歯治療、アメリカは予防歯科、日米でオーラルケアに大きな違い?

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

口臭百貨店とは

PAGE TOP